スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

top

トップ記事です。
前のアカウントのパスワードが解らなくなったので・・・

リンク大歓迎。しあいましょう
ブロとも歓迎。しあいましょう

自分の実況パート1マイリス

自分のtwitter
スポンサーサイト

タイトルなし

折れた苗木、2度目の夏が終わる
3度目の秋は葉を散らすだろう。

いつか1万の葉の下で。

マジで禁煙する1日目

おれだ。
昨日の5時にタバコ吸って現在まで8時間たった。

滅茶苦茶辛い。
だから頑張って禁煙の方法やら思ったことを書いていきたい。


今までホープやらを吸っていたので、タールは大体20で満足するほど、1日20本のヘビースモーカーです。
そんな自分なので、どうしても1日目でも死ぬほど辛いって思います。
後、いつもシケモクや1本だけって要求に負けるので、シケモクだけは・・・だめかぁ。

って言ってるそばから吸ってたっていうね。
だめだこりゃ。


一応じぶんで買わなければOKとして、ボックスとかもらったらアウトにします。
緩くないとできない気がするので、

影響されやすい私が、オタクで童○だった時の恋の話 その1

ある日の昼下がり、私は2chと睨めっこしていた。

いつもの様に蛾の正面から顔を撮った画像を見ていたが、不意に良スレを見ることに決めてまとめサイトから飛んだ。

感動系のストーリーがイイなと思いタイトルや紹介文を見て学生の恋愛の話を読み始めた。

するとやっぱり私は小説が書きたいと本気で思ってきた。

例えるならプロレスを見た後に友達にプロレス技をかけるように。


しかし私には文才は愚か青春的で感動するような思い出はないし、面白い出来事も特になかった。

ふと学生時代の私を思い出してみた。

高校時代の思い出は友達の部屋(下宿住まいの奴がいたので)で3人麻雀をしたぐらいだ。

私がルールを覚えていない時に誘われてやったので、役も特に覚えてなく、ずっと清一色と混一色を狙ってた。あと国士。

これは青春と言うよりどっちかと言うと仕事終わりのサラリーマンだ。


そこで私は真面目に何かないかと考えたが・・・実はあった。

思い出したくない話だったが、恋をしていた。しかも同時に2人。

まぁ、最低だ。

でも聞いて欲しい。私は生まれつき沢山の選択肢を想像して生きてきたので、彼女が欲しくて仕方なかった私は仲が良くなった2人を選んだ。

まぁ、最低だ。

その2人はまぁ、私の馬鹿のせいで関係が壊れてしまった。


その話を話すとしよう。名前は真央とメグとしよう。

まずは真央の紹介をすることにする。

身長は150ぐらい、普通くらいの体型、ボーイッシュっぽい感じがする。多分Bカップ。同い年。

真央と初めて話したのはBL話だった(私は男だが全ての物に嫌いと思わないのでBLもある程度受け止めれる。男のツンデレが可愛いとも思える)

なぜBLの話題になったかは覚えてないが、私はpspに大量の2次元画像(水着と下着は別ファイルに保存してる)とネタ的に様々なジャンルの画像を入れて持ち歩いていた。

決してオカズに使うわけではない。趣味だ。性癖だ。

その中(ネタの方)に真央の好きなそのキャラのBLがあったのだと思う。

決してオカズに使うわけではない。ネタだ。話題づくりだ。

それで真央とBL系の話になった。

その頃私は素人童貞だったので(素人童貞っていう響きが好きなだけで、男優ではない。モトも付かない。冬樹もつかない。)真央と話すだけで緊張した。

本来人見知りだからしかたない。しかも素人童貞。

しかしそのときは違った。話の終わり際に勇気を出して言ってみた。

「あ、メアド教えてくれない?」

真央は、すんなりとと言う感じでは無いが教えてくれた。一瞬断られると覚悟して怖かった。

これが基本受身で彼女いない歴=年齢だった私が初めて恋愛を攻めた時である。

その日の帰り、いつもの様に自転車をこいでいたが不思議と辛くなかった。むしろ充実感に満ち溢れていた。

これが青春!少年が大人に変わると言うことなのか!と心底おもった。

そして家につくと別に彼女が出来たわけでもないことに気づいて現実に戻った。


ご飯を食べてから携帯を取り出し、早速メールする。

「ただいまー(^O^)」

まぁ、最初はこんなもんだ。

顔文字はよく携帯に入ってる絵文字のやつだ。

ご飯を食べている間にメールは帰ってきた。

「おかえり、寒かった」

真央の方が1枚上手だと思った。

その後はBLの話で盛り上がった。その日はそれだけで十分だった。


次の日の朝、普段と同じ時間に起きて同じ時間に家を出た。しかし遅刻した。

多分朝の3時までニコニコ動画で改造ポケモンの実況プレイを見ながら2次元のパンツ画像を集めてたのが原因だ。

教室に入るとゴッドファーザーが待っていた。

ゴッドファーザーとは私が勝手にあだ名を付けて密かに楽しんでいた担任の先生の事だ。

ゴッドファーザーの映画は見たことないが、画像から見た目が似てたので命名した。キャラが違ったら恥ずかしいので誰にも言ってないが。

私がドアを閉めて席に着こうとするとゴッドファーザーが呼び出した。

「理由を言え」

ゴッドファーザーが尋ねる。

みんなの前で性癖を暴露しろと?

とてもそんな事は言えないので適当に言い訳を作った。

「十字路で食パンを咥えた女の子とぶつかって・・・」

全部言い終わる前にゴッドファーザーは「言い訳はいい!」と私の頭を叩いた。

そこは最後まで聞いた上で「突然だが転校生を紹介する」と続けて欲しかった。

そもそも言い訳と理由ってどう違うんだろうと思った。言い訳を要約したら理由になるのだろうか?

私はなにも言わずに席についた。

クラスメイトのクスクスと笑う声が聞こえた。

振り返るとメグだった。

私は机に突っ伏した。後で仕返ししてやると思った。

メグは私のクラスメイトでクラスメイトの中では私が1番気になってる女子だった。

身長は真央より大きく165くらい、普通よりはポッチャリに見える(肩幅が少し広いからだと思う)、これまたボーイッシュな感じ、多分Bカップ。

メグは2、3人の女子と仲が良いが基本学校では寝てるか本を読んでいて、男子との交流は私が話しかける程度のものだった。

私はオタク友達として話していた、主に話題は真央とは違いBLは見ないのでボーカロイドの新曲の話だった。

メアドは何故か勝手に持ってた。と言うのもメグが女友達から聞き出し、メールしてきた。そのときは正直顔も知らなくて、名前を言われても全くわからなかったが、とりあえず保存していた。

メールが送られたタイミングも悪くて、中学からの友達(髪型はスコール・レオンハート、顔はセフィロス似)と川でロケット花火をして遊んでたので、メールをブチった。

学校で顔と名前が一致した頃に私は、1人でいるメグを見ると何も考えず話に行った。それがメグとのつながりだった。


授業は至って平凡だった。1コマ目は数学。爆睡しててもテストは上位だった。

2コマ目の古文、3コマ目の化学も爆睡。なぜか先生に怒られた。

メグが授業終わっても爆睡していたので、頭の上でメグにしか聞こえないように「早く起きないとチューしちゃうんだからね」とツンデレ幼馴染っぽく言った。今考えても寒気がする。

メグが起きて私の方を見たが、何も言わず背もたれに伸びた。私の脳内でBカップである確率が50%から80%に上がった。

伸びが終わりあくびをした後、メグは腹減った~っと弁当を食べだした。

ツンデレ幼馴染(私)のセリフが聞こえなかったんだなと思い安堵したと同時に、寝てる女子には怒らないで男子(基本私だけ)に怒る化学の教師を恨んだ。


そんなこんなで放課後になった。

真央は私と学校は一緒でもクラスが違うし、私は帰宅部なので会いに行かなければ話せない。

因みに私とメグは特進クラス(勉強する方。してないけど)真央は普通クラス。

私の学校は特進クラスが1クラス。普通クラスが6クラスと言う構成で、校舎は同じだが別の階に教室があった。

普通クラスにはサッカー部や野球部の怖い人がいたので、平和主義でチキンの私は真央の部室(真央は美術部、後に部長になる)で待っていた。

美術部は基本自由な感じなので、担当教師もたまにしか来ないし、絵を描かないで遊んでる人が主だった。

何回か行ってるので知り合いに成った先輩とゲームの話や、アニメの話をしていた。

ポケモンの話になると私はやけに饒舌に成っていた。

みんな嫁ポケモンと言うのがいて、そのポケモンについて激しく語っていた。

嫁ポケモンとは自分の一番好きなポケモンの事で、プロポーズしてOK貰ったり、娘はやらんと言われたり、婚約届けを出していなくても嫁ポケモンになる。

しかし、婿ポケモンと言うのは聞いた事ない。部員がほぼ女子だったので不思議に思った。

部員は女子が12人、男子が1人(会った事ない)だった。なんだこのハーレム、12人ってシスタープリンセスかよと心の中で突っ込んだ気がする。

嫁ポケモンの話はドンドン盛り上がって、私の嫁ポケモンのパチリスが「でもサンダースの劣化だよね」と言われた時にピークを迎えた。

するとガラガラとドアが開いた。

入ってきたのは真央だった。

真央は「遅れました」と部長に挨拶した後、私の方を見て「いらっしゃい」と言った。

私は「お、おう」とぎこちない感じに返した。さっきまでの饒舌はどうした。

私の頭の中では、いらっしゃいって何かえろいなという考えが浮かんでいた。例えるなら5歳離れた姉(黒髪ストレートロングのOL)が仕事終わって家に帰ってきた後、ソファーに座って愛犬を膝の上に誘うようにエロい。

私はそんな妄想をしながら犬が羨ましいと思ったが、去勢される事を考えるとゾッとした。

そんな事を考えていると真央の方から私に近づいてきた。

昨日知り合ったばっかりなのに、結構仲良くなれたものだと思った。

真央はポケモンをあまり知らなかったのでBLの話で先輩の話に加わっていた。

私は正直BLに関してにわかだったので、受けや攻めぐらいのワードしかわからなかったが、先輩たちの話には加わっていた。

先輩たちは好きなアニメのキャラ(もちろん男)ともう一人をくっつけるのに必死だった。

多分ポケモンのようにBL界にも嫁キャラがいるのだと思った。

正直しらないアニメのキャラだったので全くわからないなと思っていたが、先輩たちは燃えたぎる炎の様に熱く語っていた。

ぼーっと聞き流していたら話題はどうやらクラスの男子の話になった。

私は他人の恋愛話には興味があったので話を聞こうと真剣になった。

先輩が「B組の太郎(仮名)君ってさー」と話を切り出したので、私はワクワクしていたが、期待は大幅に裏切られた。

先輩「ぜったいホモだよね!!」

・・・・まぁ、なんとなくこうなることは解っていた。

ある意味期待を裏切らない先輩を尻目に、私は真央と2人で話がしたかったので、話しかけることにした。


話題は、兄弟の話や昔の話、昨日とは打って変わってお見合いのような話だ。

真央が子供の時のエピソードを少し話してくれた。

「うちは子供の時兄弟がテーブルの上で遊んでて、テーブルの下で寝てたんだよね」と言ったのが印象に残っている。

テーブルの上で遊ぶ子供、上で遊んでるのにテーブルの下で寝る真央。

私は家が狭くて、テーブルしか入らない家に住んでるのかなと思った。

真央は兄と弟が1人の3人兄弟で、ボーイッシュな見た目や雰囲気なので、それで説明できた。

私が「妹が欲しかったな」と言ったらノリで「にぃにぃ」って呼んでやるよといわれた。

冗談で言ってるのは解っていたし、実際は恥ずかしがるだろうなと思っていたので、「ぜひ」とお願いした。

それから3日ぐらいは部室以外でもにぃにぃだったと思う。

なぜにぃにぃなのかと聞くと、実の兄と一緒なのは気まずいらしい。

本当に都合よく考えると、兄弟じゃなくてちゃんと異性として思ってくれてるのかなと思って嬉しかった。

にぃにぃと言われる度に感動していて、学校に行く理由にもなってた程だったが、にぃにぃが終わる時が来た。

理由は簡単だ。私の方が身長が高くて兄貴っぽかったが、誕生日の話になり真央が8月、私が3月だというのがバレたからだ。

悲しみ、嘆き、落ち込んだが、真央が「なんだ、じゃぁ姉ちゃんって呼びなさい」と言われたので、それはそれで嬉しかった。

いままでずっとドSっぽかった私がソフトMに目覚めた瞬間だった。という話はいらない話だ。

だが、にぃにぃの時のブーム(部員が先輩だとしても呼んでた)も無くなって、次第に飽きたのか、私の名前を上の2文字だけ呼ぶようになった(3文字の名前なのでワタシだったらワタみたいな?)。

私は相変わらず真央ちゃんの様に呼んでいた(ゴロが良かったし、最初っから2文字だったので、発音だけ変えて自分だけ風を作ってた)。


そんなある時自転車に乗って登校するのが寒いと感じた私は、マフラーを買おうと思った。

私自身防寒着は特に持ってなかったが、顔が寒いのが嫌だったのでそう思ったんだと思う。

しかし、16にも成って親と一緒に買いに行くのは気が引けたので真央にメールで「学校帰りに買い物付き合ってくれない?」と送った。

親離れと真央との距離が縮まるし好都合だと思った。

真央も「いいよ、何買いたいの?」と送ってきたので、今考えると大した事ないので、初デートが出来るとウハウハしていた。

マフラーを買いたいことを伝えるといい店を教えてくれたので、そこに行こうと言われた。

その日はウキウキで寝れないほどだったと思う。

続きを読む

白騎士物語古 その2 消化日記(ネタバレを含む)

こんにちは101です。
昨日は泊まりに行ってしゃぶしゃぶとお好み焼きを食べてきました。

さて、そんな事より白騎士物語がどこまで進んだのかですねw


なんと砂漠を抜けて街まで出ました。
そこからを説明します。


街で姫様の行方を捜すべく酒場へいく。
人相のわるい客どもに話をききにいく。
すると突然踊り子が踊りをする。
その踊り子が可愛い
カーラ

彼女は魔獣みたいな奴と契約していて、主人公を殺そうとする。
でもって主人公がぶっ倒すと、魔獣の効果も無くなりか弱い娘に
それで、彼女(カーラだっけ?)が妹を助けてくださいと仲間入り


てなかんじですw


カーラマジ可愛いww
特に踊り子のちょっぴり大胆な衣装が20のおじさんにはたまりませんなぁw
プロフィール

retoamano

Author:retoamano
101(れと・あまのじゃく)と申します実況者です。
自分の動画のマイリス貼っときます。↓
http://www.nicovideo.jp/mylist/29669460

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
62526位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10275位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。